ECHONETLite規格というものを理解する

AIFには様々な試験項目があります。まず最初にそれはいったいどのような試験項目なのでしょうか。それを明確にしておきます。そのためにはECHONETLite規格というものを理解しておかなければなりません。それはいったいどのようなものなのでしょうか。その名が示すとおり環境を守るための様々な厳しい規格が用意されています。試験の対象となる器具としては、火災センサーがあります。それから人感センサーというのもあります。また私たちの生活におなじみのエアコン、照明機器などの家庭内の機器を制御する規格があります。

ECHONETLite規格に含まれます

AIFはECHONETLite規格に含まれます。別の言葉で表現すればECHONETLiteAIF仕様ということもできます。異なるベンダーの製品の総合接続を可能にしてくれます。それで家庭内での電気エネルギーなどの使用を効率的に管理することができます。電力を節約するためには必要不可欠なものであるということができます。AifはECHONETLite規格に含まれますが、そのまた大元となっているのがスイスのジュネーブに本部がある国際標準化機構の提唱する品質管理です。その昔はアメリカで確立されたtqcトータルクオリティコントロール品質管理システムが日本の品質管理の基本となっていました。ところがtqcトータルクオリティコントロール品質管理システムには大きな欠点がありました。

一番重視されるのがこのトレーサビリティーです

Tqcトータルクオリティ品質管理システムではQCサークル活動というものをやって製造される製品の品質を飛躍的に高めました。ところがこのQCサークル活動は時間外に行われることが多かったのです。そして企業はこの時間外手当てを支払うことをためらいました。それでこのtqcトータルクオリティ品質管理システムは徐々に下火となっていきました。それに代わって現れたのがスイスのジュネーブに本部がある国際標準化機構の提唱する品質管理システムです。国際標準化機構の提唱する品質管理システムのベースはトレーサビリティーです。トレーサビリティーとは、製品が製造された時点に遡って、その品質を確認できるという素晴らしいシステムです。Aif規格でも、一番重視されるのがこのトレーサビリティーです。そしてもう一つ重要なことは製造工程で使われるあらゆる計測器については、国家が保有する標準器に対してその正確性が検証されないといけないということです。そのチェック項目は多岐に渡ります。これは簡単そうに見えてなかなか難しいことです。国家から認証を受けたjcss校正業者だけがその重責を果たすことができるのです。

当社の実績とは、技術資格保持者による公平公正、中立的な立場での厳正な検査と検定を行なっている事です。 電気のプロだけが集まる日電険は、高度な技術力と皆様からの信頼を武器に、日々安心で安全に電気を供給出来るように努力しております。 対象エリアは、北海道と東北と中部と北陸と関西と中国と四国と九州と沖縄地方で、それぞれ支社があります。 AIF仕様の試験についてはJEMICへお問い合わせください