EL規格とAIF仕様に適合している製品の試験を申請する方法

エコーネットコンソーシアムの会員になること

今日のテーマはなかなか難しいです。日本の製品を支える品質管理です。その中でも最近注目されているのがEL規格とAIF仕様ではないでしょうか。EL規格とAIF仕様に適合している製品の試験を申請する方法について簡単に述べてみましょう。これらの認証を取得するためにはある条件があります。政府が主催する特定の会員にならなければならないということです。どのような種類の組織なのでしょうか。それは一般社団法人エコーネットコンソーシアムです。私たちがEL規格とAIF仕様に適合している製品の試験を申請するためには、まず会社が一般社団法人エコーネットコンソーシアムの会員にならなければなりません。一般社団法人エコーネットコンソーシアムの会員になってしまえば、後は実に簡単な流れです。

国際標準化機構が提唱する品質管理システム

EL規格とAIF仕様に適合している製品の試験を申請する方法は、まず企業や会社が一般社団法人エコーネットコンソーシアムの会員になるということが不可欠です。つまりこれは日本の政府と共同で、一致協力しながら製品の品質を高めるという崇高な活動でもあります。品質管理の手法としてはtqcトータルクオリティコントロール品質管理システムが日本では長い間使われていきました。ところがtqcトータルクオリティコントロール品質管理システムには決定的な欠点がありました。社員にQCサークル活動を散々やらせましたが、時間外手当の支払いが十分でなかったのです。そのような理由ですぐにtqcトータルクオリティコントロール品質管理システムは日本では下火となってきました。その代わりに彗星のように現れたのがスイスのジュネーブに本部がある国際標準化機構が提唱する品質管理システムです。

日本の電気エネルギーは大幅な節約がなされる見込み

国際標準化機構が提唱する品質管理システムには大きな特徴があります。その品質管理システムの基礎がトレーサビリティーです。トレーサビリティーとは簡単な言葉で表現すれば、製品が製造された時点にさかのぼって、その品質が確認されなければならないというものです。これは言葉で表現するのは簡単ですが、実際に品質管理の手法として実現するためには相当な努力を要します。今日本の懸案事項はエネルギーの節約です。中でも電気エネルギーの節約は喫緊の課題となっています。それを実現するために政府主導で導入されたのがEL規格とaif仕様です。一般社団法人エコーネットコンソーシアムを中心として、今後、日本の電気エネルギーは大幅な節約がなされる見込みです。最近の政府の事業としてはまさに画期的なものではないでしょうか。