AIFの試験対象にはどのような製品があるのでしょうか

通信インターフェース仕様書への適合性を認証する

AIFの試験対象にはどのような製品があるのでしょうか。その前にAIFf認証というものについて理解しておかなければなりません。私たちがこの言葉を耳にするのは比較的新しいのではないでしょうか。AIF認証は主に電気エネルギーをマネジメントするための重要な規格です。様々な機器がありますが、私たちの生活にお馴染みなのは家庭用のエアコンと照明機器ではないでしょうか。それらの機器とEMSコントローラとの間の通信仕様を定めたアプリケーション通信インターフェース仕様書への適合性を認証する制度です。なかなか難しい定義なのですぐにそれを理解してくれる人は大変少ないです。

電気エネルギーを大幅に節約することができる

それでは具体的にaifの試験対象項目について記述しましょう。一体全体それにはどのような製品が試験対象とされているのでしょうか。まずは私たちの日常生活に一番関わりのある家庭用エアコンと照明設備をあげなければなりません。これらの機器はaif認証が必要です。燃料電池とか家庭用の瞬間湯沸かし器、業務用の瞬間湯沸かし器などもaif認証が必要となっています。今大流行の蓄電池もaif認証が必要なのです。それから今話題の自動車用充電器もaif認証が必要不可欠となります。デパートで数多く見かけるような業務用ショーケースなどもaif認証を受けるほうがよいです。なぜ多くのこのような機器がaif認証の対象となっているのでしょうか。それには大きな理由がありました。aif認証された機器を使えば電気エネルギーを大幅に節約することができるからです。

品質管理の基本がトレーサビリティーです

Aif認証とエコネットライト規格とは密接な関係があります。どちらもスイスのジュネーブに本部がある国際標準化機構が提唱する品質管理を元にして厳しい規格が制定されています。Aif認証取得までの流れは実に簡単です。例えばお客様が社団法人のechonetコンソーシアムに製品を持ち込んで、そこで認証してもらうということになります。このコンソーシアムは日本の品質管理を支えるjcss検定と密接な関係があります。どちらも同じ政府の組織が管理しているということで、それは一致しています。その基本的な考え方はスイスのジュネーブに本部がある国際標準化機構が提供する品質管理です。国際標準化機構が提唱する品質管理の基本がトレーサビリティーです。トレーサビリティーを確保するのに標準器との対比を行うのが一般的になされています。つまり国家が保有する標準器に対してどのくらいの範囲の誤差があるということが計測されるのです。これはなかなか大変なお仕事です。