ヒーターとは、一般的には、電気エネルギーを熱エネルギーに変換して対象物を暖める装置のこと。通常は、電気抵抗の大きい、導電物質からなる抵抗体に電流を流し、抵抗体を電流が通過するときのエネルギー損失を熱として発生させて加熱する構造を採用しています。古くは主に工業製品や産業用途で使用されることが多かったヒーターですが、現代社会においては、なくてはならない装置となっており、ありとあらゆる分野において、さまざまな種類のヒーターが使用されています。それらのヒーターは、発熱体となる抵抗体の材質や、発熱体の形状、周囲の構造などがそれぞれ異なっています。その中でも、発熱効率の高さや使い勝手のよさなど、さまざまなメリットをもつ、シーズヒーターが注目されつつあります。

シーズヒーターの主な特徴について

シーズヒーターは、まず、発熱体として、発熱効率が高いニクロム線を用いています。発熱体の発熱効率が高いと、少しの電流でも大きな熱エネルギーを発生させることができます。また、シーズとは日本語では鞘の意味がありますが、その名の通り、発熱体であるニクロム線は、金属製の鞘のようなヒーターパイプですっぽりと覆われています。なお、ヒーターパイプもその中のニクロム線も電気を流す物質であり、パイプの中でニクロム線がパイプ内面に接触するとショートが発生するおそれがあります。そこで、ヒーターパイプとヒーターパイプ内のニクロム線の間には、酸化マグネシウムなどの絶縁性の粉末物質が充填されています。この絶縁粉末により、ヒーターパイプとニクロム線は互いに絶縁されています。

シーズヒーターの主な使い道は?

このヒーターは、元々は、工業用途で使用されることが多かったヒーターです。発熱体であるニクロム線を覆うヒーターパイプがニクロム線の保護の役割を果たします。また、ヒーターパイプとニクロム線との間が絶縁粉末で絶縁されているため、ヒーターパイプを曲げても両者がショートすることはありません。そのため、加熱する対象に応じて自由自在にヒーターを曲げて配置でき、効率よく対象物を加熱することができることから、工業用ヒーターとして重宝されています。これに加えて、最近では、家庭における暖房器具にも使用されるケースが増えています。ニクロム線の発熱量が多いため、冬の寒い日でもスイッチを入れてから短時間で部屋を暖めることができます。また、ハロゲンヒーターのように光がまぶしくないため、夜に眠る際の暖房器具としても最適です。