シーズヒーターとは、どのようなものか知っていますか?いわゆる電気ストーブなのですが電気ストーブとの違いは遠赤外線放射により、更に広範囲に温める事が可能です。またカーボンヒーターと良く間違えられる事があるのですが、全く違うものなのです。どちらも、温風は出なくスポット的に近くにいる人を温めますがカーボンヒーターよりもシーズヒーターの方が、遠赤外線放射の量も多く、より体の芯から温める事が可能です。更にシーズヒーターの利点は、壊れにくい事です。10年以上使う事が出来るので、購入時にはお値段が張ってもその後を考えると、とても経済的なヒーターと言えます。最近では、自動首振り機能も付いているので温風が出なくても、充分に暖かさを感じる事が可能です。

種類別のヒーターの利点と問題点は

スポットヒーターとして、使われるヒーターの内、まずセラミックヒーターの利点は温風を出すファンがついているのですぐに温風が出ます。また、排気ガスが出ないのでお部屋の換気の必要はありません。燃料も必要は無いのですが、風力が弱いためにお部屋全体の暖房にはなりません。また、電気代もかなり高めになります。一時期流行ったハロゲンヒーターは、軽いのであちこち運びやすく、やはり電源を入れるとすぐに暖まりますが、ハロゲンランプは電球と同じく寿命が来ると使えなくなり、またかなり光が強いのでまぶしく感じる事や、火事の心配も高いです。カーボンヒーターは遠赤外線を熱源とするので、体を温める能力は高いのですが、やはり局所的にしか暖まらず、電気代も高めとなります。購入時にはなるべく低い電力でも使えるものを選ぶ方が良いでしょう。

では、シーズヒータの大きな利点は

カーボンヒーターと似ている構造なのですが、大きく違うのは衝撃に強いという点です。なぜなら金属管で作られているからです。また、カーボンヒーターとは発熱体も違うので即暖性にとても優れています。また、電気代もワット数にもよるのですが、概ね1時間あたり10~30円と、かなり経済的です。さらに、多段階調節の出来るタイプを選ぶ事により、更に省エネが出来ます。また、最近のものでは温度センサーのついているものもあり、室内の温度に合わせて自動で出力を調整してくれるものも出ています。より高性能な人感センサーのついているタイプもあります。子供部屋などに置く場合には、安全性を考えれば水などがかかっても温度の急激な変化により割れたりする心配のないシーズヒーターに軍配が上がります。